記事の詳細

降霊術とはその名の通り、霊を人間の身体の中に入れること。
イタコなどが有名ですが、皆短命です。
なぜなら、降霊術には大きな危険性が伴うからです。

「霊症とは」でも解説しておりますように
霊体が発するある種の放射性物質(冷気)の為に
肉体が害を受けてしまう為です。

霊体に憑依されている人も同じように霊症にあっているのですが
実は、降霊術の場合はさらに心臓をやられます。

霊媒となる人も、そしてもちろん術者も、例外なく心臓をやられます。

霊能力には必ず代償が発生しますが、これもまたその一部なのです。

降霊術は、霊体を人間の身体の中に強制的に入れる為に
急激な霊症状態になり、心臓に影響を受けてしまうのです。
なぜ心臓かというと、霊体が一番大きく影響を与えるのが心臓だからです。

きちんと代償を払えればいいのですが、
そのためには、呪術にあらず、祝詞にあらず、お経にあらずです。

正しく霊能力をコントロールする必要があります。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. pro_reinouryoku

    2013-9-18

    なりきりの神
  2. morisio

    2013-8-6

    盛り塩
  3. p_stone
ページ上部へ戻る