記事の詳細

こんにちは。

よく店先などで見かける盛塩。

もともとは、昔の献上品だったことで

それに力があるという迷信からきているらしいのですが

私のこの知識は定かではないかもしれません。

 

ただ、塩というのは、実は霊感がある人にとってみれば

非常に冷たいはずです。

天然のものであれば、なおさら冷たい。

 

なぜか。

それは、海岸で海水を蒸発させ、作るものだからです。

海岸というのは、本当に霊体が多い。

戦いというのは、海岸でやることが多かったのでしょう。

霊体がそこらじゅうにいます。

 

その霊体が発する、ある種の放射性物質、つまり冷気に侵された海水を蒸発するのですから、当然、冷たい。この塩を盛るというのは、日本だけかもしれませんが、それで魔よけになるというのは、当然、考えられません。

 

私達も実は、この塩を守りとして会員さんに渡しておりますが、きれいに浄化し、なおかつ力を塩につけ持っていただいております。なぜ、塩を使うのかというのは、本当は、砂でも、なんでもいいのですが、日本人の感覚としては、守りという意識があるので、この塩を使っているにすぎません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事

  1. 2013-9-18

    なりきりの神
  2. 2013-8-6

    盛り塩
ページ上部へ戻る